TOP > 訪問看護ステーション なごみ > 居宅療養管理指導のご案内

居宅療養管理指導のご案内

居宅療養管理指導とは

患者様やご家族に対する直接のアドバイスに限らず、患者様を中心とする介護保険サービス関係者へ情報提供し、バックアップするのが「居宅療養管理指導」です。

介護保険サービスを利用するには、介護支援専門員(ケアマネージャー)にケアプランを作成してもらうことになります。 よいプランを作って介護保険サービスを上手に利用するためには、ケアマネージャーに対して「ご利用者」「ご家族」が希望を伝えるのはもちろんのこと、 日頃から患者様の健康を見守っている主治医がアドバイスをすることが重要です。
また、サービス開始後も主治医は、ケアマネージャーや各サービス事業者に対して、 患者様のお身体の状態の変化や注意点などきちんと伝え、よりよいサービスを受けていただくようにサポートしています。

居宅療養管理指導とは01

具体的には

訪問診察のたびに、ご本人またはご家族への診察結果を説明し、療養上のアドバイス等をさせていただきます。 また同内容の「連絡票」にてケアマネージャー、各サービス担当事業者へのアドバイス・指導等を行います。 その際、サービス利用料の1割(500円)は患者様負担となります。
なお、居宅療養管理指導費は「サービス利用限度額」には影響いたしません。
居宅療養管理指導とは02
お問い合わせ・ご相談
地域の居宅介護支援事業所 または
訪問看護ステーション なごみ ・ 居宅介護支援事業所 なごみ(0585-32-4462)まで
ページの先頭へ